HOME>イチオシ情報>家を買う時は工法も含めて検討し、将来的なことも視野に入れるのが大事

木造軸組や枠組壁工法およびRC造の特徴

家族

外見では判断しづらい場合もありますが、家の建築工法にはいくつもの種類があるため、分譲住宅を大阪狭山市で探している時も、種類やその特色を知っておくと良いでしょう。木造軸組は木の柱と梁、それに筋交いなどで家作るポピュラーな工法となっており、将来的なリフォームも行いやすくなっています。そして、床や壁などの面で家を構築する枠組壁工法は、どんな職人が建築しても一定の品質を保ち、丈夫な家を建てられるのが特徴です。そのほかRC造はマンションなどに多い工法ですが、近年ではこの鉄筋コンクリート造りの住宅も増えています。RC造は静穏性と耐久性などに優れているため、耐用年数は木状住宅のおよそ倍ほどあり、末長く住めるのが特色です。

購入時の費用は同じでも購入後の費用は違う

家族

分譲マンションを買うか、それとも一軒家の分譲住宅を買うか、どちらを選ぶべきかは、大阪狭山市で住まいを購入する時も迷うところです。そこで、どちらが良いか迷った時は、住み始めてからの費用を比較すると良いかもしれません。例えばマンションの場合は買った後も、管理費や共益費のほか、修繕積立金などの負担が毎月発生します。さらに自家用車をお持ちなら駐車場代も掛かりますから、住宅ローンの返済以外に月々数万円は必要になるのです。その点、分譲住宅なら管理費はゼロ円で、駐車場代も自宅のガレージを使えばタダなので、住み始めてからの費用負担が少ないことで評判になっています。

こんな点でも一軒家は大評判

女性

マンションを買った場合は住宅ローンが終わっても管理費などを延々支払い続けますが、分譲住宅なら住宅ローンが完済すれば、任意のメンテナンス以外の支出はゼロ円です。なのでこのメリットも、一軒家の分譲住宅が高く評価されているポイントになっています。さらに数十年後、経年劣化で建物の価値が失われたとしても、土地の不動産価値は残るため、後々まで有意義な資産を保有できることから大阪狭山市でも分譲住宅が人気です。このほか、分譲住宅はマンションのように上下左右の部屋を気にしなくて良いので、のびのび子供を育てられる点も大評判となっています。